眼科の一般的な検査


眼科では特殊な器械を使用して視力、眼圧、眼底などの検査を行います。診察の手順としては次のようになります。


受付〜〜問診〜〜視力検査〜〜細隙燈顕微鏡検査〜〜眼圧測定〜〜眼底検査〜〜治療


病気の種類により順序がかわったり省略する検査があります。緑内障等では視野検査をすることもあります。


眼科で使用する検査器械を紹介します。

視力表:普通のタイプと、
子供用の字一つ視力表があります。
裸眼視力とレンズをいれての
矯正視力を測ります。
老眼の場合は別の視力表で測ります。
オートレフケラトメーター:自動的に近視、
遠視、乱視の度数を測定します。
それを参考にして視力検査をします。
角膜曲率測定はコンタクトレンズの
選択に用います。
細隙燈顕微鏡検査:前眼部を拡大して
詳しく見ることができます。
眼圧測定:アプラネーションという
小さな円筒形のチップを眼に接触させて
青い光をあてて眼圧を測ります。
正常値は10〜20mmHgで20mmHg
を越えると緑内障の疑いがあります。
また眼に接触させずに空気を吹き付けて
測る方法もあります。
眼底検査:ボンノスコープという
ハロゲンライトで検眼レンズを通して
眼の中へ光を入れて、
反射像を見ることで眼底の状態が
わかります。この検査は熟練
を要する検査ですので、十分経験を
つんだ眼科専門医でないと
うまく行うことが出来ません。
眼底カメラ:眼底の写真を撮って
フィルムに記録します。健康診断
ではこれを眼科医がみて判定する
ことが多いようです。
正常眼底写真(右眼):円形の白い
ところは視神経乳頭で、ここから
神経や血管がつながっています。
赤い線は血管です。中央部のやや
茶色の濃い部分が黄班部で視力に
一番大事な部位です。
ゴールドマン視野計:緑内障や視神経の
疾患で視野異常を調べます。
ゴールドマン視野計は手動で指標
を動かして視野の広さや欠損部を
調べます。
自動視野計:決まったポイントを自動で
明るさをかえて測定していきます。
緑内障のスクリーニングに有効です。


以上が眼科で使う検査器械の主なものです。視力検査以外のほとんどの検査は部屋を暗くした状態で行います。明るいところでは詳しい診断
が出来ません。
眼科と看板が出ていても眼科専門医でないところがありますので、眼科の診察は必ず眼科専門医で受けてください。

トップへ, ,

眼の病気の解説へ