お知らせ

●お知らせ:2012年度

★12/12/28:「鈴鹿アーチェリー倶楽部」は原則として、毎週土曜日午前中、鈴鹿スポーツ・ガーデン多目的広場にて練習会を行っていますが、今年は土曜日に雨天の日が大変多く、雨天に祟られた年でした。雨天練習で最も問題となるのは雨で的畳が濡れる事です。濡れた畳をそのまま備品庫に積んで収納すると、カビだらけになり、又、腐って使用出来なくなります。しかし、我倶楽部が使用している四脚的台には専用の屋根が取付けられるので、雨天の日でも、畳を濡らさずに練習出来ました。

★12/12/19:京都市にあるサン・ウッド市原A/Rで開催された「サン・ウッド・クリスマス・フィールド大会」に参加しました。競技はマークド6ポストとアンマークド6ポスト合計12ポストの特設コースで行われました。この特設コースは店主の濱さんが 一週間以上も前から準備したコースです。特にポストNo.1は軽トラックの荷台からの射ち下しで、大変ユニークなポストです。競技終了後、焚火にあたりながら全員が参加費以上の豪華賞品をもらいました。

★12/12/13:London Olympicの女子団体部門で銅メダルを獲得した蟹江美貴(24歳、ミキハウス勤務)が休養宣言をしたそうです。Olympic終了後、自分の目標を達成した為、アーチェリーを続ける意欲が無くなったのが理由だそうです。Olympic終了後、彼女は他の選手より新聞・雑誌・TV等の取材や出演、各種の催し等に招待される機会が多く、練習時間が無かったと思います。しかし、未だ金メダルを獲ったわけでもなく、年齢も若いので、休養後はもっと上を目指して頑張ってほしいものです。

★12/12/06:女性会員のKさんが初めて弓具一式を購入したので、その弓具調整とF-X曲線及びポンド数測定を行いました。弓具はW&W社のWinact-XTハンドルとXTリム66"で、表示ポンド数は32#です。W&W社の弓具調整及び測定を行うのは今回が初めてです。設定表示ポンド数は一番弱い30.4ポンド(-5%)に設定しましたが、実測表示ポンド数は33.1ポンドで、2.7ポンド高い結果でした。32#のレンタル・リムも測定しましたが、やはり実測表示ポンド数は33.3ポンドで、2.9ポンド高い結果でした。どうもW&W社のリムは、設定表示ポンド数より約9%高い傾向があるようです。

★12/11/30:11月25日(日)に市原A/Rで開催された「サン・ウッド11月度記録会」に参加しました。午前中の50mは外気温が5℃程度しかなく、地表には既に霜柱が立った形跡がありました。周囲の山々の紅葉が秋の深まりを感じさせ、終日快晴無風の好天でした。競技種目は50m+30mで、自分の成績は今一でしたが、もらった景品の箱を開けると、W&W社のポーチが入っていました。参加費は800円でしたが、このポーチは2000円以上しますので、これだけでも参加する値打ちのある記録会でした。

★12/11/21:今年も年末恒例の「サン・ウッド・クリスマス・フィールド大会」が近付いてきました。この大会は京都のサン・ウッド・アーチェリーがサン・ウッド市原A/Rに特設フィールド・コースを設定し、毎年この季節に開催する大会です。参加希望者は「サン・ウッド・アーチェリー」に申込んで下さい。
◆日  時:12月16日(日)、10:00am集合
◆場  所:サン・ウッド市原A/R(京都市左京区静市市原554)
◆内  容:フィールド12ポスト(マークド:6ポスト+アンマークド:6ポスト)
◆会  費:1500円(全員に豪華景品あり)
◆申込み:075−771−0880 (サン・ウッド・アーチェリー)

★12/11/16:京都の「サン・ウッド・アーチェリー市原アーチェリー・レンジ」が開場したのは1983年3月21日ですから、来年3月21日で丁度30周年となります。当時、京都国体で西京極陸上競技場が拡張されるのに伴い、西京極A/Rが撤去されることになりました。そこで、社会人アーチャーの練習場所を確保する為、サン・ウッド社長の濱さんが私財を投じて建設したのが市原アーチェリー・レンジです。今まで、このA/Rで学生から社会人まで幅広いアーチャーが育ち、多くのアーチャーが練習に利用しています。市原A/Rの使用料は時間制では無く、年会費19200円を払えば、時間を気にする事無く、毎日何時間でも年中無休で利用出来、しかも駐車場代が無料なのです。市原A/Rを利用出来る、京都市内及びその近郊のアーチャーがうらやましい限りです。

★12/11/11:ヤマハがアーチェリー事業から撤退したのは、2002年2月ですので、今年で丁度10年目になります。ヤマハは撤退するまで、アルミ合金を鍛造(Forged)で製造する生産設備とKnow-how及び技術を持っていました。鍛造で製造されたハンドルは高強度、高剛性が特徴です。ヤマハは撤退に際し、これら全てを韓国のWIN & WIN社に売却しました。現在、WIN & WINが生産販売しているハンドルの内、「WINEXハンドル」と「WINACT XTハンドル」は鍛造で造られていますので、ヤマハの技術は現在も他社で生きていると言えます。

★12/11/06:先週の練習会でめったに起こらない事象が起きました。50mの距離で練習していたのですが、射た矢が的に当たったにも拘らず、跳ね返って地面に落下しました。矢取りに行ってみると、当てられた方の矢のNockが約70mm前方まで矢に食込み、断面が裂けて花が開いた状態になっていました。今回は両方とも自分の矢で、しかも的の真中の10金に当っていので大変嬉しかったのですが、矢が1本破損してしまい、悲しくもあります。

アーチェリーを始めてから今年で40年目ですが、継矢は今まで一度だけ、30年前(1982年)に30mの距離で経験した事がありますので、今回で2度目です。当時はアルミ矢でしたので、相手の矢の後部に私の矢が食込んだ状態になりましたが、今回のACE矢では、矢の直径が細い上にアルミ管の肉厚が薄い為、2本の矢が連なる状態の継矢になる事は不可能な様です。

★12/11/02:まだ初心者である女性会員の方が、9月に新発売された「ボーニング(BOHNING)スリップ・オン・アームガード」を購入しました。普通の硬いアームガードと違い、布製のサポーターの弦が当る部分に長方形の「BOHNING」と書かれた別の布が縫い込まれています。サポーターのその部分の内側には合成樹脂性の薄板が入っています。先週の練習会で初めて使用されたところ、20射程度で、縫い込まれた長方形の布後部の縫製部が約30mm剥がれ、布がボロボロになって来ました。初心者の場合、弦がアームガード後部に当る事は充分あり得る事です。この製品を設計、開発したBOHNING社(U.S.A.)は、市場でこの様な問題が発生しないかを事前に予想し、発売前に初心者を使って、充分試験したのか疑問が残ります。

★12/10/27:今月中旬、HOYT社が2013年度新製品が発表しました。Formulaシリーズを3種類から5種類に増やしています。Formulaシリーズの接合方式はHDS方式と互換性が無い為、他社は使用する事が出来ません。かってHOYT社はヤマハの接合方式に対抗する為、HOYT社が開発したHDS方式の特許を公開し、今では全世界の標準接合方式となりました。しかし、その為にHOYT社の独自性が低下し、韓国勢の台頭を許した為、Formulaシリーズの充実を図り、独自性を確立したい様です。

★12/10/25:London Olympicの女子個人金メダリストのキ・ボベと女子団体銅メダリストの蟹江美貴が使用している弓具には共通点があります。ハンドルがHOYT社の「GMX」で、リムはWIN&WINを使用している事です。ハンドルとリムを同じメーカーの製品にしなかったのは、ハンドルとリムを一体の製品ではなく、部品と見なす考え方です。自分が最高と思う部品の組合せを選んで使用しているのでしょう。この様な選択肢が可能になったのは、HOYT社の開発したHDS方式が世界中の標準として普及したお陰と言えます。

★12/10/19:10月18日(木)、「サン・ウッド・アーチェリー」に突然、関西TV「よーいドン!」と言う番組の取材陣と、タレント「円広志」が来店され、取材されました。最初、円さんは骨董品店「き・まま」の方を観て、次にアーチェリー・ショップの方で、店主の濱さんの指導により、アーチェリーの試射を体験されました。この番組は下記日時に放映予定との事ですので、京都を初め、関西TVが映る地域の方は是非ご覧下さい。
◆放送ch. :関西TV
◆番組名  :「よーいドン!」の「となりの人間国宝さん」のコーナー
◆放送日時:10月31日(水)又は11月5日(月)、9:55amから11:20amの間

★12/10/16:真夏日が続いた夏が過ぎ、漸く秋らしい季節になりました。「鈴鹿アーチェリー倶楽部」は毎週土曜日、鈴鹿スポーツガーデン多目的広場で練習していますが、射線の背後に1m位の高さの石垣があり、その上の盛り土に「ヌスビトハギ」が石垣からせり出して生えており、小さな美しい花を咲かせています。しかしこの「ヌスビトハギ」の実が曲者で、所謂「引っ付き虫」なのです。ちょっと油断すると、その実が衣服や帽子、靴等に引っ付き、取るのに苦労します。何故引っ付くのか知りたいので、この実を顕微鏡で観察してみました。すると表面に鉤(かぎ)形をした毛が沢山生えています。マジック・テープと同じ原理です。マジック・テープの発明者を調べてみると、スイス人のジョルジュ・ド・メストラルと言う人だそうです。彼が犬の散歩中をしていると野生ゴボウの種が引っ付いてきたので、顕微鏡で観察すると鉤形の毛が生えていた事から、この植物の原理を応用したそうです。

★12/10/12:10月11日(木)、NHK−BS1の「地球テレビ:エルムンド」と言う番組に、London Olympic銀メダリストの古川高晴がゲスト出演しました。スタジオで6mの距離から直径12cmの的紙に1射矢を射ましたが、矢の中心は9点と8点の線上に当りました。しかし、これは余興です。彼の弓の強さは48ポンド、練習は毎日行い、練習本数は多い日で600本を射ると聞き、大変驚きました。600本の行射時間は、30秒で1射としても5時間掛かります。12射毎に70mで矢取りをする時間は、1回当り4分掛かるとしても50回では約3時間掛かり、合計で8時間も掛かる事になります。やはりOlympicの銀メダリストは並みの人間では無いのです。

★12/10/10:10月8日(月)体育の日に鈴鹿スポーツ・ガーデン多目的広場で、「ガーデン・フェスタ」の催しの一つとして「アーチェリー教室」が開催されました。例年30名程度の受講者数でしたが、今年は2倍近くの受講者がやって来ました。又、例年このアーチェリー教室では見かけた事が無い「三重テレビ」が取材にやって来ました。これもLondon Olympicで日本人選手が大活躍してくれたPR効果のお陰です。三重テレビの夕方のニュースで、このアーチェリー教室の様子が放映されました。今年は第二のアーチェリー・ブーム元年になるかも知れません。

★12/10/05:「岐阜清流国体:アーチェリー競技」が終了しました。成年男子個人では、アテネOlympic銀メダリストの山本博が2位になりました。山本博は今月で50歳を迎える筈ですが、未だに日本のトップ争いをしているのは立派です。成年女子個人では、London Olympic銅メダリストの2人、早川漣が1位、川中香織里が3位になりました。この成績は2人の実力から言って妥当な結果でした。しかし、蟹江美貴は残念ながら11位に終わりました。彼女はLondon Olympic以降、TV、ラジオ、雑誌等で引っ張りだこだったので、練習不足だったのでしょう。

★12/10/02:今日から岐阜県高山市で「岐阜清流国体:アーチェリー競技」が始まります。この大会にLondon Olympic女子団体チームの選手であった早川漣、蟹江美貴、川中香織里の3選手全員が出場します。早川は長崎県、蟹江は愛知県、川中は鳥取県の代表選手ですが、誰が勝つのか楽しみです。しかし、ラジオやTV中継が無いのが残念です。アーチェリー競技の日程は下記の様です。
◆10月2日(火)・・・予選ラウンド:順位決定戦(16チーム)
◆10月3日(水)・・・決勝ラウンド:1回戦から準決勝戦まで
◆10月4日(木)・・・決勝ラウンド:3位決定戦及び決勝戦

★12/09/28:9月24日(月)のメーテレTVの「報道ステーション」で、「アーチェリー女子団体、ロンドン五輪史上初の銅メダル」と言うタイトルで特集番組が放送されました。女子団体が銅メダルを獲れた裏話として、女子団体チームのエースである早川選手の心境の変化があったそうである。一つは「韓国にいる時は4位だと怒られるんですよ。しかし日本に来たら「よく頑張ったね。」と褒められるんですよ。」と言う様な何気ない褒め言葉。もう一つは蟹江選手や川中選手との出会いで、「本当に自分が好きでやってる感じがする。アーチェリーに対する考え方が変わりました。」と言っていました。この2つの事が、彼女に『新たなアーチェリー観』を抱かせ、銅メダル獲得の原動力になったそうである。

★12/09/26:9月22日(土)に鈴鹿スポーツ・ガーデン多目的広場で、「秋季市民アーチェリー教室」を開催しました。今年はLindon Olympicでの日本人選手の活躍のお陰で、受講希望者数が昨年度の2倍となり、初心者用弓具が不足する事態となりました。その為急遽、一週間前に初心者用弓具セットを追加購入しました。円高のお陰で、も輸入しているアーチェリー用品の価格が下がり、昨年度よりも安く購入する事が出来ました。アーチェリー教室当日は晴天に恵まれ、受講者の方々にアーチェリーの楽しさを体験してもらう事が出来ました。今回の受講者の内、何人の方が鈴鹿アーチェリー倶楽部に入会され、今後もアーチェリーを続けられるのか楽しみです。

★12/09/25:「Archery World Cup Final 2012 TOKYO」のRC部門決勝戦は男女共接戦で、実に見応えのある対戦でした。RC女子はLondon Olympic金メダリストのKi Bo-Bae(韓国)とWorld Cup Ranking1位のDeepika Kumari(インド)の対戦となりましたが、Kumariが2セット先取した後、Kiが3セット連取し、結局6−4でKiが優勝しました。RC男子はWorld Cup Ranking4位のBrady Ellison(U.S.A.)と、6位のKim Woojin(韓国)の対戦となりましたが、両者3セット目まで同点で同ポイント、5セット目でも5−5の同ポイントとなり、結局シュート・オフでKimが優勝しました。降りしきる雨と風の悪天候でも9点以上に当てるハイ・レベルの対戦は、日本の観客やTV観戦者に感動を与え、アーチェリーは見ていても楽しめるスポーツである事を強く印象付けたと思います。

★12/09/24:「Archery World Cup Final 2012 TOKYO」をNHK-BS1でTV観戦しました。日本で開催されるアーチェリー大会がTVで生中継されたのは恐らく今回が初めてで、日本のアーチェリー界にとって画期的な出来事です。当日は残念ながら降りしきる雨と風の悪い天候でしたが、もう一つ残念な事はRC部門に出場した日本人選手2名がほぼストレートで簡単に負けてしまった事です。RC男子部門に出場した古川の相手はIm Dong-Hyun(韓国)に6−0で完敗、RC女子部門に出場した蟹江の相手はDeepika Kumari(インド)に7−1で完敗でした。対戦相手はいずれもWorld Cup Ranking 1位の選手ですので、負けるのは仕方ありませんが、もう少し接戦を期待していました。London Olympic以降の新聞、雑誌、TV等の取材や各種イベントへの参加、挨拶回り等で、恐らく充分な練習時間が取れなかった事が敗因と思われます。

★12/09/21:「Archery World Cup Final 2012 TOKYO」へ出場予定であった、RC女子部門の中国選手Fang YutingとXu Jingの2名は出場を辞退したので、急遽下記2名の選手が繰上がり出場する事になりました。本日、既に東京日比谷公園特設会場で公開練習が実施されており、この2人がこれに間に合ったかどうか判りませんが、健闘を祈ります。

RC女子繰上がり出場選手
Rank 氏 名 国名 ポイント 備 考
Alejandra Valencia メキシコ 18 London Olympicメキシコ女子チーム(7位)の一員
Lin Chia-En 台湾 18 London Olympic台湾女子チーム(5位)の一員

★12/09/19:「Archery World Cup Final 2012 TOKYO」で、London Olympic銀メダリストである古川高晴の最初の対戦相手は、World Cup Ranking1位であり、70m RD.世界記録保持者でもあるIm Dong-Hyun(韓国)です。又、London Olympic銅メダリストである蟹江美貴の最初の対戦相手はWorld Cup Ranking1位であるDeepika Kumari(インド)です。何れも強敵ですが、トーナメント戦ですので、どちらが勝つかは予想出来ません。中国のRC女子2名Fang YutingとXu Jingは出場辞退を申し入れているそうですので、不戦勝があるかも判りません。アーチェリーの世界にも、政治を持込む選手がいるとは残念です。

★12/09/17:9月22日(土)と23日(日)に開催される「Archery World Cup Final 2012 TOKYO」が、いよいよ近付いて来ました。22日(土)はCP(コンパウンド)部門、23日(日)はRC(リカーブ)部門の競技が行われますが、RC部門の時程表は下記の様です。尚、NHK-BS1の生放送時間は1:00pmから3:50pmまでの予定です。

時間 Event
10:00 - 10:56 Quarterfinals - Recurve Women
11:00 - 11:56 Quarterfinals - Recurve Men
11:58 - 12:13 Gold Medal Match - Recurve Mixed Team
12:15 - 12:25 Award Ceremony - Recurve Mixed Team
14:00 - 14:28 Semifinals - Recurve Women
14:28 - 14:56 Semifinals - Recurve Men
15:00 - 15:28 Medal Matches - Recurve Women
15:28 - 15:56 Medal Matches - Recurve Men
15:57 - 16:20
Award Ceremony - Recurve Individuals
Award Ceremony - Longines Prize for Precision

★12/09/14:サン・ウッド・アーチェリー主催の「サンウッド10月度記録会」のお知らせです。参加希望の方は電話又はE-Mailで申込んで下さい。
◆日時:10月14日(日)、10:00am〜2:00pm頃
◆場所:サン・ウッド市原アーチェリー・レンジ(京都市左京区静市市原554)
◆種目:50+30m RD.、30m×2回
◆会費:800円(全員に景品有り)
◆申込:【電話】075−771−0880 【E-Mail】sunwood@kyoto.zaq.ne.jp

★12/09/11:今日の朝、NHKラジオ第一放送の「すっぴん」を聞いていたら、「すっぴん!インタビュー」のコーナーに「蟹江美貴さん」が登場。10:05amから11:15am間の約1時間に渡って、インタビューに答えていました。運動が苦手な人でもアーチェリーは出来ると、アーチェリーを大いにPRしてくれていました。9月22日から23日に開催される「Archery World Cup Final2012TOKYO」への出場に付いても話していましたので、彼女のこの国際大会での活躍が楽しみです。

★12/09/10:London OlympicをTV観戦していると、多数の選手が使用している日本製用具がありました。シブヤ・アーチェリー製の「アルティマ・リカーブ・サイト」です。1992年のバルセロナオリンピックで男子個人金メダルを獲得した選手が使用する等、アーチェリーの弓本体で世界をリードしていた日本の「ヤマハ」は、今から10年前の2002年、アーチェリー事業から撤退してしまいました。サイトは弓本体ではありませんが、得点に最も影響する重要な用具の一つです。このサイトは位置調節が容易にも拘らず、ネジを使用せずにサイト・ブロックを固定出来る、独自の機構を持っており、競技中にサイト・ブロックが弛む心配が無い信頼性が非常に高いサイトです。現在も世界のアーチャーの多くが使用する日本製用具がある事は嬉しい限りです。

★12/09/08:London Olympicで日本チームの対戦をTV観戦しましたが、対戦している選手の後方で監督が使用しているフィールド・スコープを見て驚きました。私が所有しているフィールド・スコープと同じ「ニコンED50A」だったからです。このモデルは小型軽量、高性能であるにも拘らず、安価である事が特徴です。日本チームはもっと高価な高倍率、高性能のスコープを使用すると思い込んでいました。多分、海外での競技会の為、重量が650gしかなく、持ち運びが楽なこの製品を選んだのでしょう。

★12/09/06:アーチェリーの世界記録を調べて観ると、面白い事が判ります。RC.部門FITA RD.の世界記録を男女同距離で比較してみると、70m及び50mは僅か1点差、30mは同点で、男女差は無いに等しいと言えます。FITA RD.の最長距離は性差を考慮し、男子:90m、女子:70mになっていますが、弓具性能が飛躍的に向上した現在、男女同距離で競技しても問題無い様に思われます。

種目
(FITA RD.)
RC男子 RC女子
世界記録 氏 名 国名 年度 世界記録 氏 名 国名 年度
70m 349点 Kim Jae-Hyung 韓国 2006年 351点 Park Sung-Hyun 韓国 2004年
50m 351点 Kim Kyung-Ho 韓国 1997年 350点 Park Sung-Hyun 韓国 2003年
30m 360点 Oh Jin-Hyek 韓国 2010年 360点 Park So-Hee 韓国 2010年

★12/09/04:「Archery World Cup Final 2012 TOKYO」のリカーブ部門出場選手は以下の通りです。London Olympic男子金メダリストOh Jin-Hyek(韓国)は出場しませんが、錚々たるメンバーです。韓国女子は7位以内に3名が入っていますが、Finalへの出場選手は、1国2名以内に制限されている様です。

RC男子
Rank 氏 名 国名 ポイント 備 考
Im Dong-Hyun 韓国 35 World Cup 2012第2戦:金メダリスト
Dmytro Hrachov ウクライナ 34
Laurence Godfrey イギリス 26
Brady Ellison U.S.A. 25 World Cup 2012第1戦:金メダリスト
Luis A. Alvarez メキシコ 25 World Cup 2012第3戦:金メダリスト
Gael Previst フランス 23
Kim Woojin 韓国 23 2011世界選手権:金メダリスト
古川 高晴 日本 London Olympic:銀メダリスト
RC女子
Rank 氏 名 国名 ポイント 備 考
Deepika Kumari インド 35 World Cup 2012第2戦:金メダリスト
Choi Hyeonju 韓国 30
Ki Bo-Bae 韓国 30 London Olympic:金メダリスト
Kristina Timofeeva ロシア 25 World Cup 2012第3戦:金メダリスト
Jennifer Nichols U.S.A. 21
Fang Yuting 中国 21
Xu Jing 中国 20
蟹江 美貴 日本 London Olymnpic:団体銅メダリスト

★12/09/03:「Archery World Cup Final 2012 TOKYO」が9月22日(土)と23日(日)に東京で開催されますが、この大会をNHKがBS1で生放送するそうです。
ファイナルに出場出来る選手は「アーチェリー・ワールドカップ2012」第1戦から第3戦の合計ポイント各部門(RC男女、CP男女)上位7名と、開催国である日本から各1名(RC女子:蟹江美貴、RC男子:古川高晴)の合計8名の選手でトーナメント戦が行われます。今から放送が楽しみです。

◆放送Ch. :NHK BS1
◆放映日時:9月23日(日)、1:00pmから3:50pm

★12/09/02:「アーチェリーとは」の頁にアウトドア・ターゲット・アーチェリーの主な種目一覧表を追加しました。主な種目の競技距離、的紙の直径、行射本数等を整理した一覧表です。

★12/08/30:鈴鹿アーチェリー倶楽部が所有している「初心者用弓具」のポンド数を、自作のアーチェリー試験装置とLoad Cell式荷重計を用いて測定しました。弓具の「表示ポンド数」はハンドルのピボットポイントから26+1/4”引いたときの荷重を表示しています。その結果、「表示ポンド数」と「実測ポンド数」との差異がメーカーに依り異なる事が判りました。低価格の弓具ですので、±2ポンド程度の差異があるのは仕方ありません。韓国製のサミックと日本製のヤマハはこの範囲内でしたが、フランス製のローランだけは-3.4lbsの差異がありました。これは使用年数に依るリムの劣化を考慮しても少し大き過ぎます。

★12/08/28:「アーチェリー研究室」の頁に「Hoyt:Formula-RX」の試験結果を追加しました。ハンドルは2012年Modelから変更された、頭部可動式ポンド調整ボルトが付いており、2012年に新発売されたF7リムは、軽量化されたHoytの最新リムです。

★12/08/27:London Olympicに出場した韓国Teamの選手6名の内、Outdoor競技RC(リカーブ)部門で3名の世界記録保持者がいます。男子個人で金メダルを獲ったOh Jin-Hyukは5つの世界新記録を持っています。Im Dong-HyunはLondon Olympicで自己の持つ2つの世界記録を更新し、4つの世界記録を持っています。女子で世界記録を持っているのはLee Sung-Jinの1つだけですが、それ以外の全種目London Olympicに出場出来なかった韓国女子選手が世界記録を独占しており、これは如何に韓国女子選手のレベルが高いかを示しています。

◆Lee Sung-Jin
@女子団体Olympic RD.(70m×72射):2030点(2004年)
◆Oh Jin-Hyek
@男子個人FITA RD.70m:342点(2009年)
A男子個人FITA RD.30m:360点(2010年)
B男子団体FITA RD.(144射):4122点(2009年)
C男子団体Olympic RD.(70m×72射):2069点(2012年)
D男子団体Olympic RD.(70m×24射):233点((2011年)
◆Im Dong-Hyun
@男子個人Olympic RD.(70m×72射):696点(2012年)
A男子団体FITA RD.(144射):4122点(2009年)
B男子団体Olympic RD.(70m×72射):2069点(2012年)
C男子団体Olympic RD.(70m×24射):233点(2011年)

★12/08/26:読売新聞に「スポーツ教室が盛況 ロンドン五輪で意欲高まる」と言う記事が掲載されました。London Olympic以降、大阪市アーチェリー連盟には電話やメールで問合わせが相次ぎ、既に約10人が体験に訪れ、又、反響は全国に広がっているそうです。鈴鹿アーチェリー倶楽部へも数件の問合せがあり、9月22日(土)に開催予定の「秋季市民アーチェリー教室」への参加を申込まれた方が数名おられます。今後何名の方が申込んで来られるのか楽しみです。

★12/08/24:「アーチェリー誌」には毎号「世界記録と日本記録」が掲載されており、アーチェリーに関する全ての最新の記録が判ります。これを観ると、日本TeamのLondon Olympic出場選手6名の内、Outdoor競技RC(リカーブ)部門で5名の日本記録保持者がいます。古川選手は下記以外にも、Indoor競技RC部門で2つの日本記録を持っています。現在、Outdoor競技RC部門の世界記録は韓国選手が独占していますが、これ等の世界記録を破る日本人選手が現れる日が早く来る事を願っています。

◆早川漣
@女子個人FITA RD.60m:343点(2011年)
A女子個人FITA RD.50m:339点(2011年)
◆蟹江美貴
@女子個人FITA RD.30m:356点(2009年)
A女子団体Olympic RD.(70m×24射):221点(2009年)
◆古川高晴
@男子団体FITA RD.(144射):4003点(2010年)
A男子団体Olympic RD.(70m×72射):2001点(2010年)
◆菊池栄樹
@男子団体FITA RD.(144射):4003点(2010年)
◆石津優
@男子団体Olympic RD.(70m×24射):228点(2007)

★12/08/23:現在、日本のアーチェリー専門誌は「アーチェリー誌」1誌しか発行されていません。そしてこのアーチェリー誌は月刊誌では無く、隔月間誌(偶数月の20日発行)です。これは現在の日本のアーチェリー人口が如何に少ないかを示しています。「アーチェリー誌」編集長である小松さんは、アーチェリー・ブームが始まる1年前の1971年にこの専門誌を創刊以来、アーチェリー・ブームが去った後も、ずっとこの専門誌を発行し続けて来ました。昨日、その9月号が発行されました。勿論、最大の特集はLondon Olympicでの日本Teamの大活躍で、表紙の写真は古川選手、記事の表題は「結実の瞬間!」です。London Olympicでの日本人選手の活躍が引き金となり、日本で第2のアーチェリー・ブームが起こり、「アーチェリー誌」の発行部数も増えて行く事を期待しています。

★12/08/22:London Olympic Archery競技で行われた「Olympic Round」についての説明文を「アーチェリーとは」の頁に掲載しました。Olympicのアーチェリー競技を知りたい方は、一度ご覧下さい。

★12/08/22:オリコン・スタイルのH/Pに、「五輪を期に興味を持ったスポーツ、1位はアーチェリー」と言う記事が掲載されました。これは勿論日本Teamが2個のメダルを獲る大活躍してくれたお陰ですが、これだけでは1位にはなれません。NHKがアーチェリー競技をインターネットやTVで生中継や録画で何度も放送してくれ、アーチェリー競技を観戦した視聴者が、アーチェリー競技は観ていて大変面白い競技であると感じてくれた事が1位になった最大の理由と思われます。2Team又は2人が交互に行射する対戦形式、どちらが何点勝っているのか直ぐ判り、1射で変化する試合展開、短時間で勝敗が決まる試合形式等や、選手の一喜一憂や的を狙う緊張感が視聴者に伝わり、感動を与えたのだと思います。
http://www.oricon.co.jp/news/ranking/2015871/full/

★12/08/21:London Olympicで日本Teamは男子個人で銀メダル、女子団体で銅メダルを獲りました。このOlympic種目であるアーチェリー競技を始めてみたい方の為に、鈴鹿市アーチェリー協会主催の「秋季市民アーチェリー教室」を、下記内容にて開催します。初心者の方を対象に開催しますので、受講希望の方はE-Mailにて連絡して下さい。尚、アーチェリー経験者で入会希望の方も、随時募集しております。

◆対 象:一般社会人で初心者の方。学生の場合は中学生以上の方。
◆日 時:9月22日(土)、9:00am〜12:00pm
◆場 所:鈴鹿スポーツガーデン多目的広場(場所の地図は「アーチェリーを始めるには」の頁を見て下さい。)
◆会 費:500円/回
◆申込みE-Mail:suzuakyo@live.jp

★12/08/21:鈴鹿アーチェリー倶楽部会員の一人が、三重県の国体代表選手として、国体東海ブロック大会に出場しました。ところが驚いた事に、同的の対戦相手の一人が、何と「London Olympic銅メダリストの蟹江美貴選手」でした。London Olympicのアーチェリー競技が終了して未だ約2週間しか経っていないのに、銅メダリストと同的対戦出来るとは、アーチェリー競技の面白い側面であり、同時に名誉な対戦でした。

★12/08/20:昨日、愛知県岡崎市の岡崎総合運動場アーチェリー場で、「国体東海ブロック大会」が開催されました。岐阜国体に出場する県を決める東海地区の予選会を兼ねていますが、London Olympic女子団体で銀メダルを獲った蟹江選手が愛知県代表の一人として出場しました。London Olympicが終わってから練習時間が無かった為か、成績は7位に終わりました。しかし、参加者に銅メダルを触らせてくれたり、気軽に一緒に記念写真に応じてくれたりと、彼女の飾らない人柄が大変好評でした。又、今までこの大会では見かけた事が無い、新聞社やTV局等の報道関係者が来場し、早速OlympicのPR効果が現れていました。

★12/08/17:London Olympicで日本女子団体Teamは銅メダルを獲得しましたが、個人部門ではメダルを獲得出来ませんでした。しかし早川漣は2回戦まで勝ち進み、3回戦で金メダルを獲った韓国のKi Bo-Baeに敗れました。過去2年間の国際大会での成績順位を見てみると、早川は昨年Olympicと同じ会場で開催された「London Archery Classic」ではRanking RD.で2位となり、決勝RD.も準々決勝まで勝ち進みましたが、準決勝で敗れました。そして3位決定戦で今回と同じ対戦相手であるKi Bo-Baeと対戦し、6-2で敗れ、4位となっていますので、正に日本女子のトップ・アーチャーです。川中はRanking RD.で6位、決勝RD.では9位が最高順位ですので、今大会は不調でした。しかし、未だ大学生なのに国際大会への出場経験が豊富なので、将来性があります。蟹江は国際大会への出場経験が今年6月のワールド・カップStage3だけで、僅か1回しかありませんが、London Olympicでは2回戦まで勝ち進みました。そして、3回戦では銀メダルを獲ったメキシコのAida Romanと対戦し、7-3で敗れましたが、合計得点では131-129の僅か2点差の接戦でした。彼女たちの今後の活躍が楽しみです。

【日本女子個人の成績順位履歴】
年 度 月度 大会名 開催都市 早川 漣 川中 香織里 蟹江 美貴
Ranking RD. 決勝RD. Ranking RD. 決勝RD. Ranking RD. 決勝RD.
2011 6月 World Cup Stage 2 Antalya(Turky) 13位 4位 37位 17位 早川浪 57位
7月 世界選手権大会 Turin(Italy) 5位 9位 93位 57位 早川浪 33位
9月 World Cup Stage 4 上海(中国) 15位 9位 6位 17位 早川浪 33位
10月 London Archery Classic London(England) 2位 4位 44位 9位 早川浪 9位
2012 6月 World Cup Stage 3 Ogden(U.S.A.) 16位 57位 7位 17位 14位 33位
8月 London Olympic2012 London(England) 16位 9位 28位 33位 6位 9位

★12/08/15:London Olympic男子個人で、日本の古川が銀メダルを獲得しました。過去2年間の国際大会での成績順位を見ると、古川はRanking RD.では4位、決勝RD.では7位が最高ですから、今大会の銀メダルは大金星と言えます。しかし、この銀メダルは過去2度のOlympicや多くの国際大会への出場経験が最大の勝因であると思えます。菊池はRanking RD.は9位が最高で、決勝RD.は最高9位、最低17位ですので、今大会の33位は最低順位でした。石津は国際大会への出場経験が僅か1回しか無く、経験不足と言えます。

今後、日本の団体及び個人の成績順位を向上させる為には、国際大会への参加回数を増やし、強豪国との新セット・システムによるトーナメント戦に慣れた経験者を増やす必要があります。

【日本男子個人の成績順位履歴】
年 度 月度 大会名 開催都市 古川 高晴 菊池 栄樹 石津 優
Ranking RD. 決勝RD. Ranking RD. 決勝RD. Ranking RD. 決勝RD.
2011 6月 World Cup Stage 2 Antalya(Turky) 12位 17位 14位 17位 末武 寛基 57位
7月 世界選手権大会 Turin(Italy) 24位 33位 41位 17位 末武 寛基 107位
9月 World Cup Stage 4 上海(中国) 4位 9位 26位 17位 末武 寛基 9位
10月 London Archery Classic London(England) 26位 7位 9位 9位 末武 寛基 33位
2012 6月 World Cup Stage 3 Ogden(U.S.A.) 18位 17位 17位 17位 62位 57位
8月 London Olympic2012 London(England) 5位 2位 44位 33位 15位 33位

★12/08/14:日本女子団体TeamはLondon Olympicで銅メダルを獲得しました。日本の女子がOlympicの団体部門及び個人部門でメダルを獲ったのは今大会が初めてです。過去2年間の国際大会での成績順位を見ると、Ranking RD.で3位、決勝RD.でも3位になった事がありますので、今回の銅メダルは現状実力を最大限発揮出来た結果と言えます。

これに対し、日本男子団体TeamはLondon Olympicで6位入賞に終わりました。過去2年間の国際大会での成績順位を見ると、Ranking RD.では最高6位、決勝RD.では昨年のワールド・カップで一度だけ2位になった事がありますが、それ以外は全て9位ですので、今大会の6位は実力以上の好成績だったと言えます。

【日本団体Teamの成績順位履歴】
年 度 月度 大会名 開催都市 男子団体 女子団体
Ranking RD. 決勝RD. Ranking RD. 決勝RD.
2011 6月 World Cup Stage 2 Antalya(Turky) 8位 2位 9位 9位
7月 世界選手権大会 Turin(Italy) 16位 9位 11位 9位
9月 World Cup Stage 4 上海(中国) 6位 9位 5位 9位
10月 London Archery Classic London(England) 11位 9位 4位 3位
2012 6月 World Cup Stage 3 Ogden(U.S.A.) 9位 9位 3位 6位
7月 London Olympic2012 London(England) 5位 6位 5位 3位

★12/08/13:London Olympic女子個人で韓国のKi Bo-Baeが金メダルを獲りました。韓国は女子個人で前回の北京Olympicでは銀メダルに終わりましたが、1984年ロサンゼルスOlympic以来、6回連続で金メダルを獲っていますので、女子個人部門での金メダルは韓国の指定席の様なものです。しかし、今大会はOlympicでは初めて採用された「新セット・システム」に依る対戦となった為、Ki Bo-BaeとメキシコのRoman Aidaの決勝戦は5ポイント対5ポイントの同点となり、シュート・オフに依る辛勝でした。従来の点数積上げ方式なら、Ki Bo-Baeが135点、Roman Aidaが129点でKi Bo-Baeの楽勝でした。Ki Bo-Baeの過去2年間の国際大会での成績順位を見ると、Ranking RD.では3回も1位になっていますが、決勝RD.で1位になったのは、1回しかありません。韓国女子選手も必ず金メダルを獲れるとは限らないシステムなのです。

【韓国女子個人の成績順位履歴】
年度 月度 大会名 開催都市 Ki Bo-Bae
(奇 甫倍)
Lee Sung-Jin Choi Hyeon-Ju
Ranking RD. 決勝RD. Ranking RD. 決勝RD. Ranking RD. 決勝RD.
2011 5月 World Cup Stage 1 Porec(Croatia) 2位 4位 Jung Dasomi 3位 Han Gyeonghee 1位
6月 World Cup Stage 2 Antalya(Turky) 1位 2位 Jung Dasomi 1位 Han Gyeonghee 3位
7月 世界選手権大会 Turin(Italy) 1位 17位 Jung Dasomi 6位 Han Gyeonghee 5位
10月 London Archery Classic London(England) 5位 3位 Jung Dasomi 1位 Han Gyeonghee 9位
2012 4月 World Cup Stage 1 上海(中国) 1位 1位 4位 9位 5位 3位
5月 World Cup Stage 2 Antalya(Turky) 4位 9位 1位 2位 13位 6位
8月 London Olympic2012 London(England) 1位 1位 2位 6位 21位 9位

★12/08/12:London Olympic男子個人で韓国のOh Jin-Hyekが金メダルを獲りました。世界トップ・クラスの韓国男子選手は世界選手権大会やワールド・カップで何度も1位になっていますが、Olympicで金メダルを獲ったのは今回が初めてです。過去2年間の国際大会での成績順位を見ると、Oh Jin-Hyekは決勝RD.で1位になった事は1度も無いので、今大会が初めてです。Im Dong-HyunはRanking RD.では4回も1位になっていますが、決勝RD.で1位になったのは、今年5月のワールド・カップStage2だけで、その他の大会は2位以下です。決勝RD.で1位になる事が如何に難しい事であるかが良く判ります。

【韓国男子個人の成績順位履歴】
年度 月度 大会名 開催都市 Oh Jin-Hyek Im Dong-Hyun Kim Bub-min
Ranking RD. 決勝RD. Ranking RD. 決勝RD. Ranking RD. 決勝RD.
2011 5月 World Cup Stage 1 Porec(Croatia) 1位 6位 2位 9位 Kim Woojin 2位
6月 World Cup Stage 2 Antalya(Turky) 2位 2位 5位 7位 Kim Woojin 17位
7月 世界選手権大会 Turin(Italy) 4位 2位 1位 4位 Kim Woojin 1位
10月 London Archery Classic London(England) 8位 6位 1位 2位 Kim Woojin 5位
2012 4月 World Cup Stage 1 上海(中国) 10位 17位 1位 8位 3位 9位
5月 World Cup Stage 2 Antalya(Turky) 4位 9位 1位(WR) 1位 6位 4位
8月 London Olympic2012 London(England) 3位 1位 1位(WR) 9位 2位 5位

★12/08/10:過去3大会連続金メダルの韓国男子団体TeamはLondon Olympicで銅メダルに終わりました。Ranking RD.で1位から3位を独占し、2087点の世界新記録を出した、史上最強の男子団体Teamですので、負けるとは思いませんでした。しかし、過去2年間の国際大会での成績順位を調べてみると、面白い事に、直近の大会であるワールド・カップStage2とまったく同じ成績順位である事が判ります。即ちRanking RD.は世界新記録で1位ですが、決勝RD.は3位でした。その他の国際大会の成績順位もRanking RD.は全て1位ですが、決勝RD.で1位となったのは1回だけです。

これに対し、韓国女子団体TeamはLondon Olympicで7大会連続で金メダルを獲得しました。韓国女子団体Teamの過去2年間の国際大会での成績順位は、Ranking RD.が全て1位である点は男子団体Teamと同じですが、大きく違うところは決勝RD.も1回を除いて全て1位という点です。韓国女子団体Teamは、正に世界最強の団体Teamです。

【韓国団体Teamの成績順位履歴】
年 度 月度 大会名 開催都市 男子団体 女子団体
Ranking RD. 決勝RD. Ranking RD. 決勝RD.
2011 5月 World Cup Stage 1 Porec(Croatia) 1位 3位 1位 1位
6月 World Cup Stage 2 Antalya(Turky) 1位 5位 1位 1位
7月 世界選手権大会 Turin(Italy) 1位 1位 1位 3位
10月 London Archery Classic London(England) 1位 3位 1位 1位
2012 4月 World Cup Stage 1 上海(中国) 1位 4位 1位 1位
5月 World Cup Stage 2 Antalya(Turky) 1位(WR) 3位 1位 1位
7月 London Olympic2012 London(England) 1位(WR) 3位 1位 1位

★12/08/09:サン・ウッド・アーチェリー主催の「サンウッド9月度記録会」のお知らせです。参加希望の方は電話又はE-Mailで申込んで下さい。
◇日時:9月9日(日)、10:00am〜2:00pm
◇場所:サン・ウッド市原アーチェリー・レンジ(京都市左京区静市市原554)
◇種目:50+30m RD.、30m×2回、20m×2回
◇会費:800円(全員に景品有り)
◇申込:(電話)075−771−0880、(E-Mail)sunwood@kyoto.zaq.ne.jp

★12/08/07:London Olympic Archery競技に於いて、各国の選手が被っている帽子の正面にテープが貼られている事に気付かれた方がおられると思います。これはLondon Olympic公式スポンサー11社(含Adidas)以外のロゴを隠す為に取られた処置の様です。ロゴの隠し方は各国様々で、特に銅メダルを獲った中国の戴小祥選手の帽子に貼られたガムテープは、黒い帽子に黄色のテープが貼られて目立ちましたが、一時テープが剥がれ、ロゴが現れました。しかし、帽子と同じ色のテープで隠し、観客がテープが貼られている事に気付かない帽子が大半でした。日本チームの帽子は「ミズノ」でしたが、帽子の側面にロゴがある為か、テープで隠す事を免れた様です。

★12/08/06:London Olympic Archery競技は全て終了しましたが、日本は男子個人で古川が銀メダル、女子団体Teamが銅メダルと、過去最高の成績を挙げました。日本では、これからアーチェリー・ブームが来そうな予感がします。
NHKのアーチェリー競技H/Pの「試合経過・結果」の頁で、各選手の各対戦動画を観る事が出来ます。見落とした対戦があれば、これで楽しんで観て下さい。 男子個人で銅メダルを獲った中国の戴小祥選手の帽子に貼られたテープとか、3回戦で敗退したRanking Rd.で世界記録を出した、林東賢(Im Dong-Hyun)選手の対戦等、面白い対戦が観られます。
http://www1.nhk.or.jp/olympic/archery/navigation.html

★12/08/04:昨日、London Olympic男子個人戦が行われ、日本の古川が銀メダルを獲りました。初出場した2004年アテネOlympicでは2回戦で敗退、2008年北京Olympicでは1回戦で敗退し、臥薪嘗胆の末、連続3回目のOlympic出場で、初出場から8年掛かっての銀メダルでした。日本のアーチェリー選手が過去のオリッピックで獲ったメダルは3個しかありません。2個のメダルを獲った山本は、銀メダルを獲るまで初出場から20年掛かっていますが、古川はその半分以下の期間で銀メダルを獲った事や、3大会連続で日本代表としてOlympicに出場した事も見事な事です。

@1976年モントリオール・オリンピックの男子個人で、道永宏が銀メダル。
A1984年ロサンゼルス・オリンピックの男子個人で、山本博が銅メダル。
B2004年アテネ・オリンピックの男子個人で、山本博が銀メダル。

★12/08/03:昨日、London Olympic女子個人戦が行われ、韓国のKi Bo-Bae(奇甫倍)が金メダルを獲りましたが、Ranking RD.も1位ですので順当な勝利の様に見えますが、シュート・オフでの辛勝でした。そのKi Bo-Baeを脅かした相手が、銀メダルを獲ったメキシコのAida Romanですが、驚くべき事に、銅メダルもメキシコのMariana Avitiaが獲り、メキシコは銀メダルと銅メダルを独占しました。しかし、今年6月Ogden(U.S.A.)で開催されたWorld Cup第3戦の成績を見ると、それほど驚く事では無いかも知れません。この大会でメキシコは女子団体:2位、女子個人でValencia:3位、Roman:8位、Avitia:9位と、いずれも一桁台の順位です。同大会で日本は女子団体:6位、女子個人で川中:17位、蟹江:33位、早川:57位ですから、メキシコ選手3名の方が日本選手3名よりレベルが高い事が判ります。従って、日本がOlympic女子団体戦の準々決勝でメキシコ・チームに勝ち、最終的に銅メダルを取った事は大金星と言えます。

★12/08/02:今日からLondon Olympic男女個人戦の3回戦から決勝までが行われ、NHKがインターネットで生中継します。日本選手が3名(男子:古川、女子:蟹江、早川)が出場しますので、観戦するのが楽しみです。男女とも2回戦までが終了し、勝残っている16名の選手顔ぶれを観ると、面白い結果になっています。

◆その1:団体戦で4位以内に入った国(男子・・・1位:イタリア、2位:アメリカ、3位:韓国、4位:メキシコ、女子・・・1位:韓国、2位:中国、3位:日本、4位:ロシア)で個人戦に勝残っている国は、男子では韓国(3名)1国しかありませんが、女子は4国とも勝ち残っています(韓国:3名、中国:1名、日本:2名、ロシア:1名)。

◆その2:個人戦のRanking RD.で16位以内に入った選手で勝ち残っているのは、男子が9名(約56%)で、女子が10名(約63%)だけです。そしてRanking RD.で33位以下(出場選手数:男女各64名)の選手も男女とも2名勝残っています。

★12/07/31:昨日7月30日(月)より男女個人戦が始まりましたが、「蟹江美貴」が2回戦まで勝利し、1/8 RD.戦へ進出しました。彼女が2回戦で出した点数が驚きです。3セット9射全て9点以内ですが、その内訳はXが4本、9点が5本なのです。大勢の観客の声が聞こえるこの会場で、射に集中出来るとは、素晴らしい精神集中力の持ち主です。この対戦の動画は、本日時点、下記のNHK Olympic H/Pで観る事が出来ます。
http://www1.nhk.or.jp/olympic/archery/

★12/07/30:London OlympicのArchery競技が始まりましたが、連日驚きの出来事の連続で、Olympic Archery競技から連日、眼が離せません。

◆その1:日本女子団体TeamがOlympicで初めて銅メダルを獲得しました。お陰で、このニュースが新聞、雑誌、TV等で全国に広がりますので、日本のアーチェリー競技人口が増える事を期待しています。

◆その2:NHKがIntenetでアーチェリー競技の「生中継」を開始しました。過去のOlympicではアーチェリー競技は競技の一部分を録画で放送した事はありますが、生中継は前代未聞で、画期的な出来事です。7月27日と28日の2日連続で、男女団体の1回戦から決勝まで、P/Cで2:40amまで観戦しましたが、生中継ならではの臨場感と感動が味わえました。お陰で寝不足です。

◆その3:過去3大会連続金メダルの韓国男子団体Teamが銅メダルに終わりました。Ranking RD.で1位から3位を独占し、2087点の世界新記録を出した、真に史上最強の男子団体Teamで、負ける事はあり得ないと思っていました。Ranking RD.とトーナメント戦の違いと言えば、会場の雰囲気の違いです。Ranking RD.は非公開で観客がいないそうですので、精神面にこの違いが影響したのかも知れません。

◆その4:韓国の林東賢(Im Dong-Hyun)がRanking RD.で699点の世界新記録を出しました。これは10点が51本、9点が21本的中した事を意味します。さらに驚くべき事は、彼の右眼の視力は0.1しか無いそうですので、真に神業です。

★12/07/26:NHKがインターネットでアーチェリー競技を「生中継」するそうです。
@7月28日(土)・・・男子団体1回戦       (4:50pm頃から6:40pm頃まで)
A7月28日(土)・・・男子団体準々決勝〜決勝(10:55pm頃から2:25am頃まで)
B7月29日(日)・・・女子団体1回戦       (4:55pm頃から6:45pm頃まで)
C7月29日(日)・・・女子団体準々決勝〜決勝(10:55pm頃から2:25am頃まで)
D8月 2日(木)・・・女子個人予選        (4:55pm頃から6:45pm頃まで)
E8月 2日(木)・・・女子個人3回戦〜決勝   (9:55pm頃から11:50pm頃まで)
F8月 3日(金)・・・男子個人予選        (5:00pm頃から6:45pm頃まで)
G8月 3日(金)・・・男子個人3回戦〜決勝   (10:00pm頃から11:50pm頃まで)

★12/07/26:「NHK London Olympic放送予定表」が改訂され、アーチェリー競技のTV放送予定は、今まで「女子個人及び団体」の2種目だけでしたが、「男子個人及び団体」が追加され、4種目となりました。
@7月29日(日)・・・BS1で「男子団体」(8:00amから10:50pmの間)
A7月30日(月)・・・BS1で「女子団体」(9:00amから10:50pmの間)
B8月 3日(金)・・・BS1で「女子個人」(9:00amから10:50pmの間)
C8月 4日(土)・・・BS1で「男子個人」(9:00amから10:50pmの間)

★12/07/26:「サン・ウッド・アーチェリー」頁の頁レイアウトを変更しました。又、「お知らせ」頁に掲載している「サン・ウッド・アーチェリー」関連記事を、「サン・ウッド・アーチェリー」頁にも掲載しました。

★12/07/25:サン・ウッド・アーチェリーが、8月5日に「サン・ウッド月例記録会」及び「あかんたれ特訓」を行います。参加希望の方は電話で申込んで下さい。

◆月日:8月5日(日)
◆場所:サン・ウッド市原A/R
◆申込:075−771−0880 (サン・ウッド・アーチェリー)

【月例記録会】
◆時間:10:00am〜3:00pm頃まで
◆種目:50m+30m RD.、30mダブル、20mダブル
◆会費:800円(全員に景品あり))

【あかんたれ特訓】
◆時間:4:00pmから最長10:00pmまで
◆会費:無料

★12/07/24:あと3日後の27日にLondon Olympicの開会式ですが、アーチェリー競技も27日に開始されます。9:00amから男子個人戦のランキング・ラウンド、1:00pmから女子個人戦のランキング・ラウンドが開始予定です。そして両者は男女団体戦のランキング・ラウンドを兼ねています。オリンピック・ラウンドの世界記録は下記ですが、全て韓国選手が出した記録です。果たして、London Olympicでは韓国選手以外で、世界新記録を出す選手がいるのでしょうか。
◆男子個人(70m×72射):696点(Im Dong Hyun、韓国)
◆女子個人(70m×72射):682点(Park Sung-Hyun、韓国
◆男子団体(70m×72射×3名=216射):2069点(韓国)、(70m×8射×3名=24射):233点(韓国)
◆女子団体(70m×72射×3名=216射):2030点(韓国)、(70m×8射×3名=24射):231点(韓国)

★12/07/20:London Olympicを控え、英国放送協会(BBC)が70m RD.世界記録(696点)保持者である韓国の「イム・ドンヒョン(Im Dong-Hyun)」に韓国でInterviewした動画があります。韓国のトレーニング・センターでの筋トレの様子や、練習風景が映っていますが、何よりも驚きは、屋内から行射出来るアーチェリー・レンジです。矢が通過する高さ付近に窓が開いており、真夏日、真冬日、雨天日、降雪日、夜間等どの様な天候の日でも、何時でも、空調の利いた屋内から芝生の植えられた屋外の的に向かって練習出来るのです。

★12/07/17★London Olympicを控え、日本コカ・コーラ(且ミがオリンピック応援キャンペーンとして、「アクエリアスPLAY!Park」と言うH/Pを作成しています。このH/Pに京都の「サン・ウッド市原アーチェリー・レンジ」の施設情報が掲載されています。ここに市原A/Rを利用出来る日時は「年中無休、日出〜日没」と書いてあります。定休日も無ければ、年末年始の休業日も無いのです。京都市及びその近在のアーチャーは、自分の都合の良い日時に、いつでも練習出来る施設が近くにあるので、大変うらやましい限りです。

★12/07/14:「London Olympic」迄、後2週間を切りました。アーチェリー競技への出場選手名が漸く明確になってきました。尚、出場国数と出場者数は下記です。
◆団体戦への出場国数・・・男女とも12ヶ国(3名/Team)。
◆個人戦への出場国数・・・男女とも40ヶ国。
◆個人戦への出場者数・・・男女とも64名。

★12/07/10:7月1日(日)に三重県ア協の「国体最終予選会」に出場しました。梅雨本番の為、前夜からの降り続く雨は、準備から後片付けまで一度も止みませんでした。しかし、弓具類はびしょ濡れになりましたが、頭や体は雨に濡れることも無く、又、汗びっしょりになる事も無く、快適に過ごせました。何故なら今回は、ゴアテックス製の帽子、上着、ズボンの3点を着用していたからです。ゴアテックスは防水・透湿機能が優れていると聞いていたので、少々値段が張りましたが思い切って購入しました。アーチェリー競技にはお勧めの雨具です。

★12/07/02:「London Olympic」開催は7月27日(土)から8月12日(日)ですので、後25日間迄近付いて来ました。アーチェリー競技は7月27日(土)から8月3日(金)まで8日間に渡って行われます。

アーチェリー競技の日本代表は、男女とも団体競技及び個人競技の両方に出場しますので、今から日本チームの活躍が楽しみです。「NHK London Olympic放送予定表」に依ると、アーチェリー競技の放送予定は今のところ女子のみです。
@7月30日(月)・・・BS1で「女子団体」
A8月 3日(金)・・・BS1で「女子個人」

★12/05/02:「アーチェリー研究室」の頁の「F-X曲線測定試験」の荷重計は、今まで「ばね秤式荷重計」を使用していましたが、新たに精度の高い「ロードセル式荷重計」を購入しましたので、新たに「F-X曲線測定試験」を行い、試験結果を更新しました。

★12/04/17:「アーチェリー研究室」の頁の中で、エネルギーの単位に「kg-m」を追加しました。又、一部単位の誤記がありましたので、訂正を行いました。

★12/03/27:「アーチェリー研究室」の頁に、「Yamaha-ForgedU38#の試験結果」を追加しました。
Yamaha-ForgedUを約10年間使用していますが、未だにポンド数の低下が無いのが驚きです。

★12/03/23:「アーチェリー研究室」のページを追加しました。各種の試験装置を使って、アーチェリーの「F-x曲線測定試験」や「矢発射速度測定試験」を行っています。又、それらの試験結果から「弓の効率」を算出し、アーチェリーの特性を研究していますが、その一部を公開しました。興味のある方はご覧下さい。

★12/03/05:3月3日(土)の朝日新聞「beランキング」に「本当はやってみたいスポーツ」と言う記事が掲載されました。そしてアーチェリーは何んと第3位にランキングされているではありませんか。人気スポーツであるテニス(5位)やゴルフ(7位)より上位なのです。

鈴鹿市アーチェリー協会主催の「春季市民アーチェリー教室」を下記内容にて開催します。初心者の方を対象に開催しますので、受講希望の方はE-Mailにて連絡して下さい。
◆対 象:三重県在住の方
◆日 時:3月24日(土)、9:00am〜12:00pm
◆場 所:鈴鹿スポーツガーデン多目的広場(場所の地図は「アーチェリーをはじめるには」の頁を見て下さい。)
◆会 費:500円/回
◆申込みE-Mail:suzuakyo@live.jp

★12/02/20:会員の方が16年8ヶ月ぶりに弓具一式を更新されました。今までは日本のヤマハ社製を使用されていたのですが、新しい弓具はアメリカのホイット社製です。ヤマハ製はメートルねじ、ホイット製はインチねじが使用されている為、スタビライザーやサイトも流用出来ず、全ての部品を買い換えざるを得ませんでした。今後、この新しい弓具を使用して、どれだけの点数を出されるのか楽しみです。

★12/01/14:1月11日(水)7:00pmよりCNS(ケーブルネット鈴鹿)にて、「鈴鹿アーチェリー倶楽部の紹介番組」が放映されました。放映前はどの様な番組になるのか少し心配しておりましたが、大変うまく編集されており、流石にプロのディレクターが制作した番組となっており、素晴らしい出来栄えでした。この番組は鈴鹿市民の方々に、「鈴鹿アーチェリー倶楽部」の活動を知って頂く大変良い機会になりました。

★12/01/10:1月11日(水)よりCNS(ケーブルネット鈴鹿)にて、「鈴鹿アーチェリー倶楽部の紹介番組」が放映されます。興味のある方はご覧下さい。但し、視聴出来るのは鈴鹿市内でCNSと契約している家庭だけです。
◆チャンネル:121ch.、CNSステーション
◆番 組 名:「CNS NEWS(20分番組)」内の「サークル☆バスケット」のコーナーで紹介されます。
◆放映日時 :1月11日(水)7:00pmより、13日(金)4:00pmまで、合計12回放映されます。


戻る