子育て1― ぐみの木ほいくえん・きのみのおうちの

特別保育事業について(表面) ―

2017.4改定

社会福祉法人鈴生会 ぐみの木ほいくえん きのみのおうち

〒513-0818 三重県鈴鹿市安塚町字舞造331番地74

※ぐみの木ほいくえん           電話 059-382-5409

FAX 059-369-1938

※きのみのおうち(一時預かり・すずめ)  電話 059-381-1313

(日・祝キャンセル連絡留守電対応)   FAX 059-381-1330

※愛あい                 電話 059-381-1333

FAX 059-381-1330

☆ 一時・特別一時・特定・日祝を通して、初回登録料1,000円かかります。

☆ キャンセルについては、前日5時まで(日祝の急病に限り午後8時まで・留守電対応)に、

必ず連絡をいれてください。

それ以後の場合は、予約分の50%の料金をいただきます。(在園児も含みます。)

☆ 緊急連絡システムメールを利用できます。料金は含んでいます。

 

① 一時保育(一時預り事業)

家庭的な雰囲気のなかで、安心して過ごせるようにしています。異年齢児保育となり、独立したクラスとしての保育計画をたて実施します。友だちとのかかわりを考え、普通保育の同年齢クラスとの交流・合流を、担当保育士間で充分な相互理解をはかりながら行います。お誕生会や、季節の行事にも参加します。保育予定人数は、15人/日とし、緊急に保育が必要な場合は別に対応します。

保育時間は、平常9:00~17:00とし、延長保育への対応(別料金30分300円)をいたします。 

料金は下記のとおりとなります。

 

種別

保育時間

0・1歳児

2歳児

345歳児

※給食  おやつ含む 

akatyann※駐車料 1日100

500円まで

※保護者会

1日100円、300円まで

1日

9:00~16:00

3,200円

3,000円

2,400円

9:00~17:00

3,700円

3,500円

2,900円

半日

9:00~13:00

2,400円

2,200円

1,600円

延長

前後30分毎(事前届出要)

300円

300円

300円

 

― ぐみの木ほいくえん・きのみのおうちの

特別保育事業について(裏面) ―

② 日・祝保育(一時預り事業)

 休日(日・祝)に保護者の就労等により保育が必要な子どもに対して実施します。一時預り事業の「基幹型事業」で対応(下記の利用料が必要です。)します。また特別な事情がある場合小学生(卒園児に限る・有料)を受け入れることがあります。保育体制は、専任保育士を含む複数で対応します。

種別

保育時間

0・1歳児

2歳児

345歳児

※給食(おやつ含)500円

※駐車料1日100500円まで

1日

9:00~17:00

3,900円

3,600円

3,100円

半日

9:00~13:00

2,600円

2,300円

2,100円

延長

前後30分毎(事前届出要)

300円

300円

300円

 

③ 休日保育事業(加算事業)

 29年度から、「鈴鹿市休日保育事業実施要綱」に基づく実施施設となり、市から認定を受けた市内児童については、利用料が不要(在籍園の確認が必要)になりました。また他の実施施設との均衡を図るため、他園在籍児童については下記の費用を負担していただきます。詳しくは、園まで問い合わせて

ください。

他園在籍児

給食費(おやつ・保険含)

教材費・駐車料金等

500円/1日

200円/1日

共  通

延長料金(800以前・1800以降)

徴収方法

1~30分毎に300円

現金または郵貯引落・後払い(月毎)

④ 延長保育

 補助制度での対象時間は、保育標準時間11時間(7~18時)及び保育短時間8時間(届出時間)を超える保育時間(20時まで)となります。

 また、一時預り事業での延長保育は、設定した保育時間を超えて保育を受ける場合に下記の料金を徴収します。落ち着いた保育を実施するため補食の提供を行います。

 延長保育料の徴収については、事務所前に設置した登退園システムにおいて厳密に行い、保育料金は下記のとおりとなります。

保 育 時 間

保   育   料

標準・短時間とも延長保育の希望を事前(原則前月中)に30分単位で行っていただきます。

30分のべ回数×300円(保育料1,2階層及び

第二子からは半額)とし、30回分を限度として徴

収します。

2017.4月改定≫

 

☆お知らせ

 平素は、社会福祉法人鈴生会の各種事業をご利用いただきありがとうございます。

 新制度のもと、変更点も多くございますが上記のように実施させていただきます。保育士をはじめ職員の処遇改善も喫緊の課題となっており、一部値上げとさせていただきました。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。     〈理事長 山中 幹雄〉