加佐登神社の自然

 当会の活動フィールドである加佐登神社は、遠くに鈴鹿山脈を眺める伊勢平野にあって、古くから地域の人々の信仰の対象となってきました。
 うっそうとした森に覆われた小高い丘 の頂上にあるその境内の北端にはヤマトタケルノミコトが葬られているとされる
「白鳥塚古墳」 が、郷土の誇りとして古くから大切にされてきました。
 加佐登神社が所有する鎮守の森は、神社の補修のための木材を供給する財産としてのみならず、地域住民による
入会(いりあい)の習慣に基づいた樹木供給の場としても活用されていました。

 
   
 

        戻る